不動産売却の不動産屋選びで後悔しない
不動産屋選びで結果は変わります。


このページを読み終えた頃には、このページはあなたのマンション売却の「知恵」となり、またパートナーとしてマンションの売却活動をしてもらう不動産屋の選び方がいかに重要かが知れるようになっています。


最初に、多くの売主が立ち止まるテーマとして「どんな不動産屋に売却を依頼すればいいのか?」の答えを言ってしまいましょう。


それはスバリ「お客さんを大切にする不動産屋」です。


「高く売りたい」
「早く売りたい」
「気持ちよく売りたい」
「いい買い主さんに買ってほしい」


マンションを売るとき、売主はいろいろな希望を胸に抱いています。


ただし、マンションを売るということは「買い手」あってのこと。


「市場の状況」にも影響されるため、自分の希望していた通りの結果にならないこともあります。


もちろん、希望通りに売ることが難しそうであれば「売るのをやめる」という選択肢もあるでしょう。


しかし「売らなくてはいけない状況」の売主もいます。

売らなくてはいけない人こそ親身な担当者が必要

マンション売却の1つひとつの工程、また、値下げの計画などについて事前にある程度、きちんとした説明を受けていれば、納得しながら売却を進められます。


売って後悔しないようにするには、事前にしっかりと説明を聞いて、売り主が「納得」して話を進めてゆくことが重要なのです。


「あなたの味方となり、親身になってしっかり話を聞いてくれる不動産屋」に売却を依頼することができれば、1つひとつのステップも納得しながら進められます。


例えば、売れないから値下げしなければいけないとき、「値下げの根拠」を明確に提示できる不動産屋や、契約内容について事前に細かく説明をしてくれる不動産屋は包容力のようなものもあって、納得して後悔しないマンション売却ができるものです。


なぜ、私はここまで何回も「後悔してほしくない」という話をしているのでしょうか。


これには大きな理由があります。

家を購入した過去すら後悔した知人の話

それは周りの知人からの声です。


ある知人は、担当者がまだ経験が浅く、知人の満足いく結果にならなかったようです。


知人は、思ったそうです。


「こんなに安くなるなら、こんな家を買わなければよかったわ」と。


仲の良い知人だったので、私はこれを聞いてショックを受けました。


知人は、売却が自分の希望通りにいかなかったという結果を売却時点で後悔しているのではないのです。


後悔する結果をもたらした「家を買った十数年前の自身の選択」をも否定していたのです。


逆に、すばらしい結果を得たある知人はこう言いました。


「やっばり、あのときこの家を買っておいて正解だった」


先ほどの知人との差はまさに天国地獄です。


まとめ

今現在におけるマンション売却の結果は、売主さんのマンションを買った時点の「売り主自身の選択」にも影響を与えます。


「いい家だった」というのか「あんな家を買わなきゃよかった」というのかで、売った家での思い出まで大きく変えてしまうのです。


そして私はこのとき、「不動産屋選びの重要さ」を感じたのです。


なぜなら、「売り方と結果」で、売り主の家の思い出の一部をシロにもクロにも書き換えてしまうことがあるということを知ったからです。


このページを読んでいただいている皆さんにも「あのときこの家を買っておいてよかった」といってもらいたい。


だからこそ、「あなたの味方となりお客様を大切にする不動産屋」に売却を依頼することを強調するのです。

トップページでは、すまいValueを実際に使った私の体験談、すまいValueを使ったことのある人の口コミをまとめています。すまいValueに興味のある方はぜひご覧になって下さい。