広告費は売却にかかる?

住まいを売却する時には、周りの人に住まいを売る事を広告しなければいけません。その際にかかる広告料は、普通は不動産屋が重荷行います。

ときどき相談を受けるのですが、不動産屋に「通常は広告宣伝料として20万かかるのですが、今回はその20万をサービスします」などと言われることもあるようです。通常は売主が広告費を負担することはありませんので、そう言われたときは要注意です。

但し、広告の種類や企画によっては売主に重荷になる事もあります。

広告宣伝にはどんな種類があるの?

そもそも住まいを売る時にはどういう広告をするのでしょうか。関連としては以下のように、本当にたくさんあります。

①ネット広告
②投函チラシ
③新聞折り込みチラシ
④DM(ダイレクトメール)
⑤メルマガ発信
⑥看板

そういった色々な種類の広告があります。不動産団体や不動産の近辺を通じて広告スキームは異なりますが、基本は不動産団体が総計やエリアに合わせて広告スキームを立てます。ただ、不動産団体も販売が売主という買い方から買う代理手間賃しかありません。

つまり、その代理手間賃から広告料を捻出する必要があるので、広告を投下しすぎる理由には行かないのです。

広告宣伝の費用はどのくらいかかるの?

誤解の内容に、初めに念を押させてもらうと、基本的には広告宣伝費用はかかりません。なので、ここでは売主が負担するにしても、不動産会社が負担するにしても経費としてかかるとしたら、どのくらいなのかということになります。

それぞれの広告額面に関しては、不動産会社ごとにまったく違う。ウェブサイト向上うちとっても、不動産会社ごとにポータルサイトへの向上料金は総額投機が違う。また、用紙の広告などは、一所懸命色つやなのか三色刷りなのか白黒印刷なのかも印刷代金は凄まじく変わりますし、フォルムをアウトソーシングするかどうかも変わってきます。

そのため、冒頭で言ったように、不動産団体が広告料を負担するので、おんなじ住居を売却するも不動産会社によって広告程度は何ら異なってきます。

売主が負担せざる負えない広告もあります。

基本は不動産団体が広告料を重荷しますが、中には売主が重荷しなくてはいけない広告もあります。それは、以下のような器具企画だ。

ウェブサイト調査で上位に現れるような広告(リスティング広告など)
ポータルサイトで注目される段取り(特集ウェブサイトなど)
一所懸命色つやの大きいサイズのチラシ作成
そういった器具企画は、売主の料重荷ではなく、不動産団体自身が行うこともあります。ただ、それは売買総額が激しく、不動産団体としても代理手間賃が多く取れる頃だ。目安としては5,000万円に体型があり、5,000万円以上で売却できる住居であれば、割と積極的に広告進展をします。

もしも広告費を負担するなら気を付けたい2つのこと

売主が広告費を負担するところ気を付けるべきことは二つです。

①売主は拒否できる
②威力がでなくても料は増える

一旦①のよう有償広告の向上は売主周囲で遠慮できます。やっぱり、不動産団体は勝手に有償広告を展開して売主に料請求する理由ではありません。ちゃんと前もって相談があってから掲載しますが、当然それを売主周囲が拒否する事も出来るのです。仮に、有償広告を求められたら、その広告の威力(事実功績など)をちゃんと精査して実施するかは決めましょう。

また、②の通り広告の威力が出なくても料請求されます。広告の中には「プッシュ通算によって」などの効き目仕様の広告もありますが、USED住居の広告は「向上時点で費用が発生する」やつがほとんどです。そのため、至って効果が出ないという事もありますので、有償広告を掲載した方が良いかは、威力実情も精査した上で有償広告をするかきめましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
基本的には、広告費は不動産会社が負担してくれるものです。

売却査定サイトの「すまいvalue」には信頼されている大手不動産会社のみ登録されていますので、広告費用は絶対にかからないようです。

すまいvalueは広告費がかからない

広告はUSED住居を売却する時に非常に重要な要因になりますので、広告を打たないと客引きはできませんが、広告を打ちすぎるといった不動産屋の利益をプレス行う。また、もしも有償広告をするときは売主の重荷も大きくなるので、広告投下は慎重に観る必要があります。

やたら住居の売買に苦戦していて、広告を打ったら改善する可能性が高い頃以外は有償広告をする必要がありません。そもそも苦戦してある住居は広告に稼ぎを掛けたからといって、一気に状況が改善する事は考えにくいからです。



トップページでは、すまいValueを実際に使った私の体験談、すまいValueを使ったことのある人の口コミをまとめています。すまいValueに興味のある方はぜひご覧になって下さい。