不動産屋は大手と地域どっちがいい?

大手と地域密着型、高く売るならどっちが得?

「大手と地域密着型、高く売るならどっち?」
「私の場合はどっちが合ってるの?」


「大手と地域密着型のどちらに売却依頼をすればいいか」という質問が最近とても多いです。


こんにちは。2度の不動産売却で失敗と成功を経験した松本武です。


「不動産を高く売るために大事なものはなんでしたか?ひとつ教えてください」と言われたら、迷わず答えます。不動産会社選びだと。


大手と地域密着型のどちらに依頼するか、選択を間違えると買い手がなかなか現れない状態になるのです。
さらには、買い手が現れない状態が続くと「あの物件、何かあるのかな・・・」と勘繰られて、最悪の場合、自宅が売れなくなってしまうことも・・・!
自宅が売れない理由は不動産選び

インターネットを見ていると、「今はレインズがあるから、大手と地元の差なんてないよ」というアドバイスも書かれていたりします。
(※レインズについてはまた後で説明しますね。)


確かに物件をこれから買ってくれるという人に紹介される過程は、極端な違いはありません。


ですが、実は大手と地域密着型では、その経営規模の違いによってあなたの不動産売却が成功するか、失敗するかの大きな分かれ道になってしまうのです。


というわけで、今回は大手と地域密着型の不動産屋のメリット・デメリットを解説した上で、ケース別からみる大手と地域密着型の選び方までご紹介します。


貴方の不動産選びが成功しますように。

大手不動産会社の方が失敗せずに確実に売却できる

結論から言うと、初めての不動産売却であれば、大手の不動産会社の方が断然失敗するリスクが少ないです。


大手不動産の宣伝力と信頼は、想像以上に買い手の心を掴みます。
大手の宣伝力と信頼からくる売却力は、あなたの自宅を高値で売るだけでなく購入者が早く見つかる確率をグンッと高めるのです。


「じゃあ、昔からある地域密着型の不動産会社は信頼できないの?」っと言うと、そうではありません。


昔から続いている不動産会社であれば、地元での評判は良い可能性が高いし、関係の濃い顧客もいるはずです。


なので、地元の不動産会社を行きつけにしているような人があなたの住まいを欲しいと言えば、スムーズに話が進むはず。


ただ、私が初めに相談した地元で有名な不動産会社は、そりが合わなくて、結局家も売れませんでした・・・。


結局のところ、不動産が売れるかどうかは、あなたの売りたい不動産と不動産会社との相性によるところが多いので、実際に相談してみないとわかりません。


そもそも大手と地域密着型では、得意とする物件が違いますからね。


「結局、大手不動産と地域密着型不動産のどっちを選べばいいの?」


そこで、ここでは仲介業者を選ぶ方法として以下の2つの視点からご紹介していきます!

  • 大手と地域密着型のメリットとデメリットを見た選び方!
  • ケースに合わせた選び方

それではまいりましょう。

レインズとは?

今ほどインターネットの普及していなかった時代は、不動産情報を集めるために、不動産会社に訪ねるしか方法はありませんでした。


ですが、今はだれでも簡単にインターネットで不動産情報を閲覧できる時代になりましたね。


「不動産情報はいまや、誰でも自宅に居ながら不動産会社と同じ量受け取れるようになった」と言いたいところですが、実際のところ、不動産会社しか見ることのできないブラックボックス化した不動産情報も少なくないのです。


その不動産情報が集まっているのが「REINS(レインズ)」です。

「レインズ」って何なの?

レインズは、不動産運搬組織が運営している「Real Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)」の略称です。


不動産会社は、レインズに加盟することで一般には知り得ない全国の不動産情報を入手し、会社間で連絡を取り合って売買を成立させています。


要するに、あなたが大手に相談しても、地域密着型に相談しても、全国の不動産会社がレインズを通してあなたの不動産情報を見ることができるのです。


ただし、「見ること」ができても、全国に星の数ほどある物件の中からあなたの不動産を見つけ出してもらうことは、簡単ではありません。


売主さんの中には「レインズに登録しただけで売れた」という人もいますが、それは、例えるなら、宝くじの1等が当選したのと同じ次元です。


「では、どうやって売ればいいの?」


そこで本領を発揮するのが、不動産会社の売却活動になります。


大手と地元とでは、得意とする物件が当然違います。なので、あなたの不動産の特徴を最大限に生かせるのはどっちなのか、見極めることが大切です。


あなたの自宅を売るのに最適なのは、「大手?それとも地域密着型?」


次は、それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。


大手と地域密着型のメリットとデメリットは?

大手不動産のメリットとデメリット

大手のココがちょっと・・・

特殊なケースに対応できない

地区によってとか、見る人によってはのどから手がでるほどほしい屋敷が存在するというのも不動産の喜びだ。不動産はカスタマイズ性がきつく、さっぱりおんなじ大地は世の中に存在しませんので、特殊な取引はまさに存在する。しかし、大手アドバイザーはあんな特殊な取引や、カスタマイズ的やり方や値段の駆け引きなどはあまりしてくれません。不動産の査定なども標準的な査定となるため、カスタマイズ事情があるような屋敷も余裕アビリティーは入れてくれないようだ。


案件が多いので個別で力をいれてもらえない可能性がある

大手は敢然と機構ができているということが真実味ですが、上場しているような先だと、手当て検証が主目論見となる(中小もだが)結果、時間がかかるような内容には余裕力を入れてくれないようだ。


また、経験の浅い下っ端が担当するようなケースもあり、その場合は思うように売り値が決まらず、セドリに時間がかかってしまうこともあるようだ。これは大手アドバイザーの問題ではなくセールスマンレベルの話だが。


大手不動産のココが良い!

確実で豊富な販売実績からくる売却力

まずは売却力がいとも幅広いに関してだ。大手アドバイザーはたくさんの一報を持っています。一報をもちましているは不動産を売るときに有利に働きます。


最近では、「レインズ」という業者間の屋敷通信造りによって、不動産を売る依頼先のキャパシティーの大小にかかわらず、先間で一報が公開され、shareできるようになりました。これによって大手と中小アドバイザーとの差がおそらくなくなったように思われます。


しかし、苦悩は他のところにあります。一つは習得層の一報を数多く持っていることだ。何とか売りたい屋敷の一報を持っていても、買ってくれる方がいなければ、流石売却は成り立ちません。その習得層の一報をより持っているのは、取り敢えず大手アドバイザーでしょう。


また、新聞紙の折込チラシや、インターネットによるアピールなど、すごくアナウンスを打つことができるのも大手の取り柄だ。

大手だからこその信頼

これも何しろ、購入する間近の観点からすると有名なアドバイザーの名称を聞くだけで、知らない先が間に入るよりも真実味があります。

担当者の対応力が一定水準以上!

大手の場合、社内でかかえている、又は提携しているプロフェッショナルがいますので、ワンストップのヘルプが受けられます。不動産のセドリには様々な規律や税が複雑にからんでいます。取引の初めから終わりまでを一緒になって対応してくれることでやけに利便性があります。

地域密着型のメリット・デメリット

次に地域密着型不動産についてみてみましょう。まずはメリットだ。

地域密着型のメリット

地元に混ん座している

中小アドバイザーの一番の強味は、大手とは逆に、地元の一報をよく知っているという点だ。昔から開業しているような地域の不動産先は、地元の地主の屋敷分散を行いつつ、地域の不動産取引を行うケースが多いようだ。そのため地域の一報も入ってきやすく、大手よりも一報を持っている場合もあります。


また、地域密着型の先には昔からのお得意さんが多く、セドリ申し入れの時には相場より高い売り値でも買ってくれる有利な条件の客人を紹介してくれることもあります。取り敢えずこれは、その地区で囮を背負いつつ、拠り所や紹介で業務を行っている先ならではのアビリティーです。

やり方が大手より親切な可能性がある

大手とは違い、相手にする頭数が少ないというのもあるのでしょうが、やり方が親切だ。丁寧に話しを聞いてくれるので、親しみがあります。


ただし、私の経験上、一概にすべての地元不動産が親切かどうかはわからない。

地域密着型のデメリット

ウェブなどの宣伝力は大手に敵わない

大手アドバイザーのように、激しく宣伝するアビリティーは持っていません。地元の一報や習得層はもっていますが、間口はせまい結果、セドリまで分の時間がかかる可能性もあります。また、地区外の一報や、最先端の世界一報は入り難いだ。

不安感を感じやすい

みずから切り盛りしているような先もある結果、危惧はぬぐえません。しかし、中小業者の多くは、大手不動産先などで貯金を積んで独立したケースもあり、一概には否定できない部分もあります。

ケース別の業者の選び方!どう選べばいいの?

査定金額で選ぶ

家屋や土壌、アパートなどの不動産を売却する時は、ことごとく複数の会社へ物件の査定を通してください。


そうすると、各社査定額に開きが必ず出ます。こういう査定金額は、仲介会社がその土壌を売却するのが得手か?不得意か?という真実とイコールの結果となることが多いです。


こういう物件が売れる!と思えば査定金額は激しく、こういう物件はあんまり得意でないについて、アッという間に売れる金額で査定金額を出してくるので金は低くなります。


また、査定を複数の会社にしてもらう結果、色々なディーラーの係員と話す事ができます。係員との声明の中で知り得る事はやけに多くあり、貴重なサマリー始まりとなります。


きっちり複数の会社に査定を通してもらおう
例えば、

  • その不動産の市場金額
  • 近辺のトレード案件
  • いかなる公開方をするのか
  • 係員の知見はあるか
  • 自身と因縁は合うか
  • 係員からの話しの真偽がわかる


このようなことが複数の会社と話をする結果とことん把握できます。大手にも生まれ故郷オフィスにも査定をしてもらう結果、自分の物件に合った仲介会社を選ぶ事ができます。

宣伝広告で選ぶ

新聞紙の折り込み張り紙やステータスに投函繋がるチラシ、店に掲示されている物件、店ネットを見て自分が売りたい物件という不動産を数多く仲介やるディーラーを選ぶ戦術です。


その会社によって、土壌の譲渡が得意なところ、アパートの譲渡が得意なところ、USED家屋の譲渡が得意なところ・・・と様々です。例えば土壌を売却したい場合は、土壌を買いたい相手方を大勢持つ不動産ディーラーや、土壌の仲介見聞きが豊富なディーラーを選びます。

物件の特性別で考えた「大手」vs「地域密着型」

総合的に判断した、物件の特性別でみるエージェントの代替えです。

手持ちの物件がうわさ物件のとき

大手がオススメ!

大手不動産エージェント需要があるゾーンで、値段も激しく取引されていて人気がある物件の場合は、大手不動産屋がグッド。全国にサマリー網が広がっているので物件サマリーを広める事ができますし、買い手も大勢集める事ができるので総額が下がりません。

築年齢が古めかしい物件のとき

地元がオススメ!

生まれ故郷不動産エージェント一概にそんなにとも言えないのですが、築年齢が経っている家屋やアパートの場合、大手不動産屋ほど総額よりも年月注視で売り急ぐ傾向があります。急がずより高く、と重視する場合は地元の昔からある不動産屋をお勧めします。

幅広い土地を売りたいケース

大手がオススメ!

大手不動産エージェント幅広い土壌は、全国に探している買い手がいるので全国的にコネクションをもつ大手オフィスがおすすめです。
個人ではなく、一般のディーラーや不動産屋が買手となることもあります。

狭苦しい土地を売りたいケース

地元がオススメ!

生まれ故郷不動産エージェント小さい土壌では、効能として居住用の家屋を建てるために物件を探している買い手が多いです。その場合「この地域で建てたいから」とゾーン限定で探している自分がほとんど。その地域のことを熟知している生まれ故郷不動産エージェントがおすすめです。

田舎の土地を売却したいケース

地元がオススメ!

生まれ故郷不動産エージェント地元では昔からそのゾーンに根差して売り買いをしている不動産屋にお願いするのが一番です。親、祖母、その前々から始終地元の不動産屋と昔からお付き合いがある場合も多いです。遠方で逐一トレードの度にフィールドへ行けない場合には、融通のきく大手オフィスも選択肢に入れましょう。

大手不動産に査定依頼するなら、すまいvalue!

すまいvalueのおすすめポイントを簡単にひと言で言うと、「実績の豊富な大手不動産に査定を依頼できるから何かと安全」っていうこと。


家やマンションを売ると、かなり大きなお金が動きますよね。なので当然、法律が絡んできたり、税金の問題があったりと慎重に進めていきたい事も多くあります。


地域密着型不動産と比べて大手不動産の方が契約数が多いだけに、より安全な手順マニュアルがありますし、安心もできます。


私が地域密着型不動産に相談したときの担当者の対応は、「聞かれたことには答えるけど、あとは自分で考えてきて」的な雰囲気がかなりありました。


もちろん、ある程度は自分でも勉強しなくてはいけないのはわかりますが、「抜けている部分はないかな・・・」と常に不安でした。


もう少し、アドバイスしてくれてもいいのに・・・。と勝手ではありますが、思っていました。


あるきっかけで、すまいvalueの売却査定をしてそこで出会った担当者さんは、まずは、私の要望を聞いてくれたり、いつまでに売りたいのか、希望の売却価格は?なぜそこまでの資金が必要なのか?などを聞いてくれた上で、これからのプランニングを一緒に考えてくれました。


不動産売却の「ふ」の字もわからないような私にとって、とても安心できました。


仲介を依頼するのは大手不動産がいいのか、地域密着型不動産がいいのか、


あなたの今の環境で異なるとは思いますが、高値で早く売れるかどうかのかなり重要なところなので、慎重に決めてほしいところです。


トップページでは、すまいValueを実際に使った私の体験談、すまいValueを使ったことのある人の口コミをまとめています。すまいValueに興味のある方はぜひご覧になって下さい。