住友不動産販売の特徴と評判

住友不動産販売の特徴

住友不動産販売は、住友不動産グループの売買仲介部門です。
マンションの分譲を展開しており、シティタワーシリーズ、シティテラスシリーズなど数多く手掛けています。

住友不動産販売は、三井不動産、三菱地所と一緒に台頭する不動産会社のひとつで、マンション供給数では、2014年度のNo.1となっており、現在も業界をリードする会社のひとつです。

住友不動産販売での売却の特徴は痒いところに手の届く売却支援サービスにあります。

具体的には以下のようなものがあります。


  • 相続税立て替え
  • 買替購入立て替え
  • 瑕疵保証
  • マンションおそうじ
  • 空室クリーン
  • 空き家巡回
  • 空地草刈り
  • 売却保証
  • 設備修理

相続税立て替え

相続税の納付金を住友不動産販売と提携している三井住友銀行が立て替えをしてくれるサービスです。
通常、相続開始から10カ月以上経過した場合は相続税を払う義務が発生し、しかも現金で納付する必要があります。

不動産の売却時は、お金が出たり入ったりなどの大きな動きを伴いますので、相続税の立て替えがあるのは、便利です。

相続税立て替えを受けられる条件は、以下の通りです。

  • 住友不動産販売での不動産売買契約が成立済み
  • 売却金を受け取る前に相続税の納付が必要
  • 手元の資金で相続税を賄えない

買替購入立て替え

新居を検討している方が、売却代金をもらう前に購入したときに三井住友銀行の融資を受けられるサービスが買取購入立て替えです。

買取購入立て替えのサービスを利用すれば、購入のタイミングを逃さずにより理想的な新居を購入できることになりますので、便利です。

買取購入立て替えを受けられる条件は、以下の通りです。

  • 住友不動産販売での不動産売買契約が成立済み
  • 売却金を受け取る前に買替購入に至った場合
  • 手元の資金で相続税を賄えない

瑕疵保証

瑕疵とは、不動産を購入後、新たに建物の劣化や欠陥が見つかることを言います。
瑕疵保証は、買主が不動産を購入した後に瑕疵(建物の劣化や欠陥)がみつかったときに、最高250万円までを保証するサービスです。

以下の場所の劣化や欠陥が瑕疵保証の適応となります。

  • 雨漏り
  • 建物構造上主要な部位の木部の腐触
  • 給排水管の故障
  • シロアリの被害

「売主にとって何の得があるの?」
と思われがちな瑕疵保証ですが、買主にとって、「中古」物件は欠陥がないかどうかは大きな不安材料です。
ですので、最長2年間の瑕疵保証がついていることは不動産の付加価値になり得ますので、よりスムーズな売却がしやすいのです。

マンションおそうじ

中古マンションの売却に限り、専属専任媒介契約を結んでいれば、ハウスクリーニングを無償でしてもらえるサービスです。

スタッフ2名が派遣されて上限を2時間とし、以下の場所をおそうじしてくれます。

  • キッチン
  • バスルーム
  • 洗面所またはトイレ

正直、専属専任媒介契約を提携する売主さんは一般的には少ないので、期待しすぎないほうがいいかもしれないサービスです。

空家クリーン

中古一戸建ての売却に限り、専属専任媒介契約を結んでいれば、「ハウスクリーニング」または「庭木のお手入れサービス」のどちらかを選択して専門スタッフが対応してくれるサービスです。

ハウスクリーニングは水回りや玄関、床面などを、庭木のお手入れは日当りを遮ってしまう庭木をメンテナンスしてくれます。

不動産売却は見栄えも大事です。
どちらも売却前に行ってくれるため、便利ですね。

ただし、こちらも「マンションおそうじ」と一緒で、専属専任媒介契約を結ばなければ対象とならないため、媒介契約を結ぶときに注意が必要です。

空き家巡回

転勤で空き家になったり、相続した家やマンションが遠方でまめに見に行けないといった売主さんのために、専門スタッフが月1回のペースで巡回点検してくれるサービスです。

点検箇所には、通風・換気、簡易掃除、通水、郵便物確認、雨漏り・カビ確認、定期報告書などがあります。

月額9000円でスタッフ1名が1時間作業をしてくれる有料のサービスです。

空地草刈り

草刈りが難しかったり、刈った後の処分がわからなかったり、遠方の不動産で近所に迷惑をかけるなど何かしらの理由で売却する土地の空地の草刈りをしてほしい場合に、利用できるサービスです。

作業は住友不動産系列の「お手伝い・おそうじ宅配便」の専門スタッフが行ってくれます。

条件としては、

  • 住友不動産販売と専属専任媒介契約を結ぶ
  • 首都圏もしくは関西圏
  • 土地上に建物等の建築物がない不動産

などなど、地域が指定されているところはデメリットですね。

また、基本的には土地売却のときに利用できるサービスだと思っていただくと良いと思います。

売却保証

他社でも同じようなサービスがありますが、他社では「買い取り保証」などと銘打たれているのが、売却保証です。

サービス内容としては、あらかじめ住友不動産販売が提案した買取保証金額であなたの不動産を住友不動産販売もしくは住友不動産販売の子会社が買い取りをしてくれるサービスです。

このサービスがあれば、実質上売れ残りすることがなくなるということです。

もちろん、買主に売却するよりかは安値になりますが、「どうしても高く売りたい」という方にとっては、売り出し価格をチャレンジできることにも繋がります。

条件としては、

  • 住友不動産販売と専属専任媒介契約を結ぶ
  • 自己所有の居住用不動産
  • 敷地面積40㎡以上の土地・戸建て
  • 専有面積40㎡以上のマンション

などありますが、売却保証は売主にとって本当に安心できる良いサービスです。

設備修理

売却成約後に引き渡して、2年間の間にイカの設備にトラブルがあったら修理してくれるサービスです。

  • 給湯器
  • エアコン
  • 浴室
  • キッチン

対象は30年以内の一戸建てもしくはマンションです。

また、以下のような修理費用上限もあります。

  • 設備製造が10年以内:10万円
  • 設備製造が10年超:2~6万円

住友不動産販売の評判と口コミ

相続対策もしっかり対応してくれました
一人暮らしをしている高齢の父は、資産家ではありますが、預金額もほとんどなく、このままでは相続税をとられてしまうだけで、ほとんど手元に残らないのではと不安でいました。
そこで、住友不動産販売の多数管理しているオーナーチェンジ物件の中の一つに好立地な賃貸用物件があったため、資金の一部をそこに当てないかと提案してくれました。
現金を不動産に投資することで、相続税を半分以下にまで下げることができ、節税することができました。



遠方の実家メンテナンスは任せきりでOKでした
実家は遠方の一戸建てで、父が「お前を育ててくれた家を売るつもりか」と断固として売却を受け入れてくれなかったのですが、つい最近、ライフスタイルの変化があり実家の売却を私自身が決意しました。
正直5年間も見ていなかった家なので、整備が心配でした。
そこで、住友不動産販売の「空家クリーン」「空き家巡回」「空き家草刈り」のサービスを活用することに。仕事も忙しく、現場に行けなくても住友不動産だから安心して任せられました。



買取保証は実績ある証のようです
不動産仲介会社に勤めている友人がいて、「買い取り保証のあるところがいいよ」と言っていました。
保証があるのは安心できますが、それ以上に買取保証のできる不動産会社はそれなりに経験と実績のあるところだそうです。
本当は、専任媒介で契約したかったのですが、それでは買取保証が効かないということで、担当者の雰囲気も良かったし専属専任媒介にして、住友不動産販売にお願いすることにしました。今となっては正解だったと思います。



まとめ

いかがでしたか?

住友不動産販売の特徴は住友銀行を子会社にもつ不動産屋ならではの安心できる融資のサービスや遠方の物件でも売却できるフォロー体制が整っていると言っていいでしょう。

評判や口コミをみても痒いところにも手が届くサービスを利用している方が多かったですね。

デメリットとしては、他社でも言えることですが、専属専任媒介契約を結ばないと受けられないサポートが多いこと。

そこが気にならない方にとっては、住友不動産販売はおすすめできます。

とはいえ、住友不動産販売のみに査定を依頼すると、あなたの売ろうとしている不動産の相場を確実に知ることが難しいです。

不動産査定は複数社に依頼することが基本中の基本です。

私も利用したすまいValueは、住友不動産販売が直営している一括査定サイト。

最大6社の大手不動産に最短60秒で無料査定できるサイトです。

もし気になる方は、すまいValue.comのトップページで詳細を見てみてくださいね。



トップページでは、すまいValueを実際に使った私の体験談、すまいValueを使ったことのある人の口コミをまとめています。すまいValueに興味のある方はぜひご覧になって下さい。