不動産売却の流れ

不動産を売却する動機を考えてみましょう!

うちがうちを売ることになって、うちを見に来た人とか問してくれた者とかによく聞かれた会社。

「何故こういううちを売るんですか?」

購入するユーザーからしてみれば、依然住めるのに(というか自分が近々住もうとしてるのに)売主がどうそのうちを売るのか?動機が知りたくて仕方ないようです。

でも当然です。あなたが引っかかるのは、「こういううちに何か不服があって売るんじゃないの?」「何か小さい理由があるんじゃないの?」ってことです。

だからといって、ウソを並べるのではなく、真実を敢然と伝えることが大切なのです。

そもそも中古の家や戸建て、マンションを購入しようとする者は、大概のジャンクは「付き物」と捉えている人が多いですからね。

そして、すまいを手放そうとした動機を者に品評できるくらいにしておくと、「何故中古家屋を売ろうと思ったのか」がわかるので、あなたのビジョンもひとりでに見えてきます。

「なんでこういううちを売るのか?」これをもう考えることはとても大切なのですね。

不動産売却の流れ・手順

不動産取引の実際の流れを簡単にまとめてみました。うちやわが家を売却するときは、あんな流れで進みますので、全体の印象を見てみましょう。

  1. 段階1 相場を知って取引価格の基点を立てるために確定を依頼する

    売却すると決めたら、いくら程度で売れそうかの基点を立てます。ポイントは1会社ではなく、ひたすら多くの不動産会社で見積りを確認することです。

    1. 段階2 不動産店を探す

      家屋を売却するためには、信頼できる不動産店との出会いが大切です。まずは、不動産店の要覧を幅広くコレクトください。

      1. 段階3 不動産店に仲立を依頼する(媒介契約を結ぶ)

        不動産店へ投資の仲立を正式に依頼する場合は、あっ旋結果を結びます。主なあっ旋結果の形は3つありますが、自分の希望する売却方法などを踏まえて、どの契約を結ぶか決定しましょう。

        1. 段階4 不動産を売り出す

          大売出し価格は、その後の取引アクティビティに大きく影響します。自分の思い取引価格だけではなく、不動産店の確定価格や周辺の取引過去、市場の動向を踏まえて、慎重に決めましょう。

          1. 段階5 獲得希望者と交渉する

            獲得希望者が現れたら、取引規則を交渉します。勿論価格の規則はとにかく重要ですが、その他の規則についても、譲れる科目と譲れない科目を明確にして、相談を進めましょう。

            1. 段階6 住宅要覧を開示する

              投資契約を結ぶ前に、住宅に関する要覧をどんどん正確に獲得希望者へ渡しましょう。何より、結果締結後のジャンクを防止するためには、住宅に不便や欠点など(結果では「瑕疵(かし)」といいます)がある場合には、誠実に獲得希望者に伝えることが大切です。また、不動産店が仲立する場合は、「カギ品評」というプロセスに基づく詳細な住宅品評を行いますので、不動産店の住宅検証に協力しましょう。

              1. 段階7 投資契約を結ぶ

                投資規則を合意したら、買手と投資結果を結びます。こういう状態、一般的には住宅価格の10~20パーセンテージ程度の手付金額(結果金額)を受け取ることになります。投資契約を結ぶに当たっては、敢然と結果目的を確認しましょう。

              2. 段階8 不動産を引き渡す

                売買経路では、投資総計を受領するのと同時に、書き込み手続き(抵当権利抹消、威光の転居等々)を行います。
                細かな作業場・装具等の対処などについても、買手とフィールド立ち会いを行った上で十分に確認をしましょう。また、引き渡した後の税務要請などの経路も手ぬかりのないみたい気をつけましょう。

              新居を買うのが先?それとも売却が先?

              買い換えに伴う取引の場合には、所有住宅の取引年と新たに取得する住宅の獲得年をどのように調整するかが大切なポイントです。

              異動や転校等の理由で住み替えの時期が決まっている場合には獲得年を、住み替えの額面に制限がある場合には取引価格を重視して点検を進めることになるでしょう。

              したがって、買い換え企画(取引を先行するのか、獲得を先行するのか、取引と獲得を多少一気に進めるのかなど)は、住み替えの状況などを十分に踏まえて立てることが重要です。

              売却と新居を並行して検討する形態

              取引と獲得をそこそこ同時に検討する場合には、現在の家屋の買手と新居の売り主と価格や売買年などについて、それぞれのバランスに配慮しながら相談を進める必要があります。

              ただし、結果規則は相手方の了見にも左右されますので、酷い相談となる場合もあるでしょう。

              売却を先に検討する形態

              現在の家屋の取引価格を先に固めた上で、新居の獲得を進めていきます。魂胆する取引価格を踏まえて、新居の獲得を点検できますので、費用企画が立てやすくなります。
              ただし、取引の結果を先に結ぶことになりますので、獲得の進度によって現在の家屋の売買年を調整する必要があります。下ごしらえが難しい場合は、一時的に借り入れで仮住まいを用意することも想定しなければいけません。

              新居を先に検討する形態

              住み替えの心配もなく、次第に住宅を選ぶことができます。ただし、現在の家屋の取引総計を新居の獲得に充てる場合には、少々余裕のある費用計画を立てる必要があります。

              万が一、取引価格が予測よりも低かった場合に、現在の家屋の借金が残ったり、獲得を放棄せざるを得ないリスクもあります。

              なお、買い換えには税制上の除外が適用される場合がありますので、費用計画を立てるに当たっては、どういう除外があるのか確認しておきましょう。