不動産売却でかかる税金と節税

「不動産を購入する際にも税金を支払ったはずなのに売却するのにも税金がかかるの?」なんて思われているも多いでしょう。

購入する時の税金の種類とは異なりますが、売却する時にも税金がかかります。

やはり支払われなければいけないのが税金だが、中には、変則によるなど税金を安く押さえつけることができます。

そこで今回は、

不動産売却時にかかる税金の種類
税金を安く押さえ付ける技術
などに関して書いていきます。不動産の取引を探査されている方のご参考になれば幸いです。

1.不動産売却時にかかる税金

不動産を売却する時にかかる税金の種類にはどのようなものがあるでしょうか?

大きく分けて3つの税金がかかってきます。

・セールス取引書に貼付する印紙
・(抵当権設定された実例)抵当権抹消登記の免許税
・(取引益が出た実例)不動産譲渡所得税金

では、順番に細かくみていきましょう。

2.セールス取引書に貼付する印紙

不動産を売却する時に、セールス取引書の記帳お金に関して印紙税金が課せられます。

(1)印紙税額

印紙税額は、セールス取引書に記載されたお金にて変わります。不動産のセールス予算が高ければ厳しいほど、印紙税額も高くなります。

なお、平成26時期4月々毎日から平成30時期3月々31お日様までの間に作成された不動産セールス取引書の場合、管理対処の対象として、印紙税額は下記の矢面のように軽減されます。

売買金額の変換により作成される変換取引書や投薬取引書なども管理対処の対象となります。

(2)節税とれる税金なの?

こちらの税金は節税できます。

(3)節税する技術は?

一般的には、買手って売主は1通ずつセールス取引書を所持し、それぞれのセールス取引書の印紙税金を負担することになってある。

但し、売主の場合、セールス取引書を原本で所有する無用結果、セールス取引書をセリフにすることによって、元来気苦労決める印紙税金を節約することができます。

3.(抵当権設定された実例)抵当権抹消登記の免許税

不動産購入する時に、保持資産を銀行などの金融機関から貸与を受けた実例、万が一消費ができなくなった場合備え、その対象不動産には抵当権が設定されます。

従って、売却する時に、買手が抵当権のない屋敷を取得できるみたい、その抵当権のインプットを抹消やる登録が発生します。

(1)抵当権抹消登記の免許税

抵当権抹消登記するには、「登記免許税」という税金を納めなければなりません。

登記免許税は、不動産グループにつき1,000円かかります。

大地って作業場を別個に対して計測することになりますので、戸建ての場合、大地という作業場合せて「2,000円」になります。

このように大地って作業場を売却しても基本的には「2,000円」ですが、注意しなければならない場合が敷地をまたいで建設されている自宅の場合だ。自宅が敷地をまたいでいる場合、作業場1つに大地2として計測浴びることになり、実績「3,000円」となります。なお、敷地資格がいくつあるかはセールス取引書の「敷地資格の口外」において確認することができます。

(2)司法書士に依頼した場合の司法書士に対する支払い

抵当権抹消登記の手続きは、売主ご自身で対応することもできます。

ただし、エントリー書の生産、法務局に提出するなど不慣れな進め方で手間がかかります。仕方が思い付か方や時間に窮屈方は、特別住まいです司法書士に依頼した方がいいでしょう。

司法書士のサラリーマーケットは1万円程だ。

4.取引益が出た実例-不動産譲渡所得税金-

(1)そもそも譲渡所得税金は?

譲渡所得税金は、不動産の取引により生じた報酬に関して鳴る税金のことを言います。

売却した年度内に確申を通して税金を納めることになります。

(2)譲渡所得税って絶対に支払わなければいけないの?

不動産を購入した時より高く取引ができた実例、その取引益(基本的には売ったお金から、買ったお金という諸経費を差し引いた利益)においてのみ譲渡所得税金が課されます。

(3)譲渡所得税金の計算方法

譲渡所得税金は、簡単には以下の値踏み機種によって算出することができます。

「譲渡所得税金=譲渡所得①☓譲渡所得税金の税率②」

では、それぞれの案内にあたってみていきましょう。

①譲渡所得

譲渡所得は、以下の値踏み機種として算出することができます。

「譲渡所得=取引予算—(保持予算+購入時にかかった諸経費+売却時にかかった諸経費)」

つまり、譲渡所得は、ただ単純に取引予算から保持予算のみ差し引いて計算するではなく、購入時や売却時の諸経費も含め差し引いた金額になります。

—購入時にかかった諸経費—

不動産購入時は、大きく以下のような諸経費が挙げられます。

介在手間賃
セールス取引書に貼付する印紙
登記免許税
インプット手間賃
不動産習得税金
など。

なお、不動産を売却する時には再びいまや購入時の諸経費を忘れた場合もあるでしょう。その場合、

取引予算✕5%
として計算することができます。

取引予算が良い実例、こちらの計算方法が節税になる場合もありますので参考にしみてみください。

—売却時にかかった諸経費—

一方、不動産を売却する際に以下のような諸経費が挙げられます。

介在手間賃
セールス取引書に貼付する印紙
取引に伴う広告費
など。

不動産の購入時および売却時にかかる諸経費については、細かく「不動産売り買いで失敗しないために知っておくべき14個の懸念整理」においてください。

②譲渡所得税金の税率

譲渡所得税金の税率は、不動産の所持歳月を通じて異なります。

判断基準としては、不動産を売却した時期の1月一年中現在で、

その不動産の所持歳月が「5時期」を超えているかどうか
だ。

5時期を超えている場合「長期譲渡所得」って済む、超えていない実例「短期間譲渡所得」と言います。

税率は下記の矢面になっています。

短期間譲渡所得の税率は、長期譲渡所得の総じて倍になることが分かります。

区分 所得税 住民税
長期譲渡所得 15% 5%
短期譲渡所得 30% 9%

(4)節税が望める税金なの?

こちらの税金は節税できます。

(5)節税する術(すべ)はあるの?

譲渡所得税金を節税講じる技術としては、購入時って売却時の諸経費を漏れなくちゃんと適切に計上する結果、譲渡所得のお金を低くすることができます。

また、マイホームの場合、一定の容態を満たした実例、下記のような変則によることができます。

①マイホームの場合の3,000万円の特別控除の変則

マイホームを売却した期間、一定の条件を満たした実例、屋敷の所持歳月に関係なく、譲渡所得から「万々歳3,000万円の特別控除の変則」を受けることができます。

つまり、譲渡所得が3,000万円によって低実例、こういう変則を利用することによって譲渡所得税金は支払わなくて済むのです。

②所持歳月が10時期以上のときの管理税率の変則

不動産の所持歳月が「10時期以外」の場合のみ利用できる変則だ。3,000万円の特別控除の変則という併用することもできます。

③更新の変則

不動産を売却して、その代わりに居住用の不動産を購入した実例更新変則によることができます。

なお、利用できる規則や詳しい計算方法などについて詳しくは「譲渡所得税金は?不動産取引後の譲渡所得税金を安く握るために知っておきたい5つの仕打ち」においてください。

(6)もしも売ったことで損をした場合はどうすればいい?

不動産を売却することによって損をしてしまう方もいらっしゃるでしょう。

取引で被害した場合、確申講じる必要はないですが、一定の容態を満たせば、変則として損益合算することができ、結果として節税になるケースがあります。

取引で損をした場合利用できる変則は下記の2つがあります。

居住用不動産に更新等のときの販売被害の損益合算および繰越控除の変則
限定居住用儲けの販売被害の損益合算および繰越控除の変則
なお、変則の需要規則や計算方法などにおいて詳しくは「不動産売却したら確申が肝要?確申で損しないために知っておきたい9つの仕打ち」を基点ください。

5.特別控除によるときのシミュレーションをしてみましょう

以下の規則で現に住宅用の自宅を売却して取引益が出て、特別控除によるときのシミュレーションをみてみましょう。

(1)不動産を売却した規則

自宅の購入価格:5,500万円
自宅の売却価格:6,000万円
所持期間:6年
自宅売却時の諸経費:200万円
自宅購入時の諸経費:200万円(取引予算✕5%)
(2)計算方法

譲渡所得

6,000万円−(5,500万円+200万円+200万円)−3,000万円

=−2,900万円

3,000万円の特別控除の変則を利用することによって、譲渡所得が弱点になりましたので、譲渡所得税金は「フリー」になります。

6.不動産売却でかかる諸々の経費

不動産を売却する時に、税金の他には

不動産仲介会社に払う「介在手間賃」
(貸与にあたっていた実例)金融機関に払う「一括払い繰り上げ消費手間賃」
などの費用もかかります。

計算方法や節約する技術に関して詳しくは「事前に知っておきたい!不動産売却時にかかる3つの諸費用」においてください。

まとめ

今回は不動産売却時にかかる税金において書きましたがいかがでしたでしょうか。基本的には税金は支払わなくていけない対価ですが、仕方や変則を利用することによって節約することができます。新生活にはなにかとお金がかかるものですから、少しでも節税できることはありがたいことですよね。

この内容が、少しでもあなたの役に立てれば幸いです。


トップページでは、すまいValueを実際に使った私の体験談、すまいValueを使ったことのある人の口コミをまとめています。すまいValueに興味のある方はぜひご覧になって下さい。