不動産屋でパートナーを探す

ココから不動産屋を選んでいきますが、そこに2つのステップがあります。

  1. 不動産屋を数社選ぶ
  2. 査定に来た担当者を見極める

あなたのマンションを売ってくれるのは、不動産屋ですね。

しかし、不動産屋の看板が売ってくれるわけではありません。

実際に動くのは不動産屋の担当者です。

不動産屋を選んでから、「できる担当者」を見つける

なので、その意味では、「不動産屋を選ぶ」というのは、「不動産屋の担当者の資質を見極める」ということになります。

「じゃあ、最初から担当者個人を見極めればいいんじゃない?」

と言う声が聞こえてきそうですが、不動産屋を一軒一軒回って「いい担当者」を選ぶことはまず不可能です。

そこでまず、「いい不動産屋」という大きなフィルターをかけて、そこをクリアした不動産の「いい担当者」に会えばいいのです。

あなたはこれから「貴方の味方となり、親身になって、しっかり話を聞いてくれる不動産屋=担当者」を見定めなければいけません。

そのためには、お客様を大切にする「文化」のある不動産屋を探す必要があります。

なぜ、不動産屋の文化を見極めなければいけないのか?

それは、「お客様を大切にする文化のある不動産屋」でしか、「お客様を大切にする文化を持つ社員」が育たないからです。

きれいな水に住む魚は、綺麗な水でしか育ちません。

環境と言う影響は非常に大きいのです。

それと同じように、あなたの味方となる担当者は「お客様を大切にする文化のある不動産屋」でしか育ちません。

優秀な短頭者であったとしても、不動産屋の文化によっては、その秀でたところを役立てることができないのです。

例えばお客さんが困って担当者に相談した場合、担当者個人で解決できない問題や重要な内容は間違いなく上司に相談します。

すると上司は「え、お客がそんなこと言っているの?ほんま素人はコレやから困る」というのでは、売主として困ってしまいます。

「お客を大切にする文化」のある不動産屋であれば、上司もその文化に持ちづいて担当者を指導します。

お客様と直接会ったことのない上司でさえも、親身にお客様の悩みを解決する方法を考えてくれるでしょう。

まとめ

会社組織の文化は顧客への対応・サービスに大きく影響します。

「お客様を大切にする文化のある不動産屋」と付き合うことでマンションや家、土地などの不動産売却は成功し、

「お客様を大切にする文化のない不動産屋」と付き合うことで不動産売却は失敗するのです。

ただ、そうは言ってもすまいValueなどの一括査定サイトを利用する場合、担当者と直接会える訪問査定よりも机上査定の方がいいです。

そこで、今度は電話だけでも不動産屋の文化がわかる方法をお伝えしていきます。


トップページでは、すまいValueを実際に使った私の体験談、すまいValueを使ったことのある人の口コミをまとめています。すまいValueに興味のある方はぜひご覧になって下さい。