すまいvalueで不動産査定!こうすればずっと有利になる裏技。

すまいvalue不動産査定の裏技

不動産査定を行うポータルサイトでは1位、2位を争う人気のポータルサイト、すまいvalue。
もう利用されたことがある方も多いのではないでしょうか。

今回はすまいvalueで不動産査定を行うにあたり、
こうすれば一際速く・激しく売れる。
という裏技を紹介したいと思います。

どうにかセドリを了見やる顧客はもちろん、
今や売っちゃったよ!っていう顧客も今後こういう裏技が役に立つかもしれませんよ。


不動産査定で更に有利になる裏技は?

不動産は自分の大事なプラス、出来るだけ激しく売りたいというのは当然です。
しかし反対に、買い手の輩は出来るだけ安く買いたいと考えています。

なので、不動産を厳しく売りたいと思ったら、
あそこが納得するだけの根源を揃えてあげる必要があります。

じゃあ、購入者の納得する材料ってなんだと思いますか?

ここでは、3つの裏技ポイントをご紹介しますね。


裏技その1:徹底したオーバーホールと異臭の取り払い

不動産を厳しく売却するには、
買い主に「自分達が住んだら・・・」と直感を膨らませる感じでなくてはいけません。

これは建物だけに限らず、地面の場合も同様です。
雑草が生い茂り、材料などが放置されているような地面はどうも相手方の視線が薄れてしまう。

ここは気が付くことはすべてやるくらいの気持ちでオーバーホールください
床や壁面の不潔、ホコリやチリ、水見回りの垢やカビ、ガーデンの雑草や外壁の不潔、玄関のきしみ。

やることはたくさんあります。

また見逃しがちな実家の情景。
自身は他人の我が家の情景には非常に敏いです。

徹底したオーバーホールと異臭の取り払いを。
そしてホールだけでなく、シンクの排水口からの情景も忘れずに。


裏技その2:媒介契約は自分の要望によって選択!

媒介契約ってなに?って顧客もいると思いますが、
簡単に言うと「不動産ディーラーに買い主を探してもらう」って直感です。

媒介契約には3つ種類があって、①一般媒介契約、②専任媒介契約、③専属専任媒介契約がありますが、大半の人は一般媒介契約か専任媒介契約かの2つで悩むので、今回はこの2つを比較して見ていきます。

一般媒介契約の場合、売主のあなたは複数の不動産ディーラーに調停を依頼することができます。
さらに、自分でかりに買い手を見つけた場合はその買い手と契約を交わすことができます。

出来るだけ早く売りたい、駅舎から間近いから売れるだろう、と自分の不動産に自信があるのであれば、複数の不動産ディーラーと契約できる「一般媒介契約」が有利です。


専任媒介契約の場合、
売主のあなたは契約した不動産ディーラー以外の店舗は調停を登録できません。
ただし、自分で買い手を見つけた場合は一般媒介契約と同じように契約することができます。

これは売主に対して不利なのでは?と感じる顧客もいるでしょう。
しかし、不動産ディーラーからしてみたら絶対に自分達で契約できる=調停手間賃の取りっぱぐれがないことを意味するので、アナタの不動産を売却するために力を入れて紹介行う。

反対に一般媒介契約の場合は、
仮に頑張って橋渡しや紹介を通じてもゲストが他社の下で売却してしまうと無意味になる。
このため、一般媒介契約の場合は担当や個別担当に対して紹介に力を入れないこともあります。

(全ての店舗がそうではありませんよ・・・。)


なので担当を選ぶのは、瞬時に不動産が売れる可能性が低い場合やスパンが掛かってもいいから厳しく売りたいら有効な契約です。

不動産会社によっては、最初から「担当介入で!」と言ってくることもありますが、
自分の不動産を客観的に見て介入入会を選ぶことが大事ですね。

最近では専任媒介契約を結べば重宝が付く不動産ディーラーも多いので、自分なりに調べてみるのも嬉しいですよ。


裏技その3:不動産会社はこう選ぶ!

次は家を売るパートナー、不動産ディーラーの決め方です。

裏技その2で書きましたが、
自分の不動産が好条件である形態、すこぶる費用を厳しく設定していなければ売れるでしょう。

その場合、表面介入入会で複数の業者と介入契約を結んだほうが速くセドリできますし複数の業者で競い合わせるため激しく売れることにも繋がります。
※数個といっても実際に契約するのは2ヶ所で良いと思います。

複数の会社と契約する形態、ほんとにバナー高の多い不動産ディーラーを選んで下さい。

バナー高は地元新聞の折込や、実家に投函受けるものを集めておけば判断できます。
まずは、皆さんの不動産の長所をみんなの目に触れさせることが大事です。


既に一部分は地元密着バージョンで私立(フランチャイズみたい)の不動産ディーラーを選びます。
バナー高の多い有名はそれ程変更も熱く、専任になったセールスが地域の報せに疎いことがあります。

その点地域密着でやっている店舗はそういった報せに敏いなので、有名が知らないような道のりを知っていることも多々あります。

反対に、自分の不動産に自信がない顧客やスパンが掛かっても激しく売りたい、という顧客は担当介入入会が良いと言いました。
この場合、契約する不動産ディーラーと専任セールスがどれだけ信頼できるかで判断します。


すまいvalueで不動産査定!こうすればもう有利になる裏技。”総括”

いかがでしたか?
不動産を激しく売る結果、素早く売るための裏技を3つ記録しました。

まずは自分が買う役職になって綺麗にする、情景を消しておく。
次に自分の要望によって介入契約を結ぶ。
不動産ディーラーを選ぶときも同様です。

最後に一部だけ!
不動産一括査定では「なぜあなたの不動産を売るのか」を聞かれます。
この際、「素早く売りたい」など真下を広がるようなことは書かないようにしましょう。
いくら律儀な不動産会社でもあそこも商いです。

できれば「住み替えを検討中」くらいの理由にしておいたほうが無難です。
大切なプラスを多少なりとも厳しく売りましょう!