不動産売却の内覧でお得感を伝える極意!

不動産売却の内覧会ポイント・コツ

建物や戸建てなどの不動産の売買を検討しているシーン、誰でも自分の持っている不動産のメリットを伝えたいというはずです。

ただし、あれもこれも伝えていても多すぎてしまうので、大事な所を絞って伝えた方が良いのですが、その大事な所が思い浮かばない人も多いのではないでしょうか。

本文字では、内覧会ときの売主に対して、どんなポイントでメリットを伝えた方が良いのかについて、5つのポイントで分かりやすく解説している。最後までご覧いただけると幸いです。

不動産売却の内覧会で伝える5つの極意

まず最初に本題でもある「不動産売却の内覧会で見学者にお得感を伝える5つのコツ」について項目書きでレヴューする。以下5つがポイントです。

1.近隣にどんな人がいるのか
2.四方との関連
3.ライフスタイルのしやすさ
4.小学生や中学生の有様
5.建物のルール仕組(※戸建ては除く)
これらは不動産社の人から伝えるよりも、実際にいるあなたから伝えたほうがグングンリアルでバイヤーにとっても嬉しい通報です。相互詳細をレヴューする。

1.近隣にどんな人がいるのか

戸建てを売ろうとしている第三者は、横にどういう住人の第三者がいるのか、建物を売ろうとしている第三者は、上げ下げ反映がどんな人がいるのかということになります。

建物を借りた経験がある第三者にはわかると思いますが、上げ下げ反映の住人によりライフスタイルのしやすさが格段に変わります。騒音を立てる住人であれば、一層さわやか睡眠をとることが出来ません。

戸建ての第三者であれば、横のネイティブが建物に住んでいる第三者は上げ下げ反映の第三者がどんな人がいるのか敢然と伝えましょう。例えば「老夫婦が住んでいて非常に静かな有様」「ファミリーで時としてさえずりが聞こえてきますが、夜はいやに閑寂です」など。

無音が普通と思っている第三者はまず伝え忘れたりしますので、必ず伝えてバイヤーを手軽させましょう。

2.近隣との関連

戸建ての第三者であれば、おんなじグループの第三者がどんな人がいるのか、建物の第三者であれば、おんなじ建物の第三者がどんな人がいるのかを「近隣にどんな人がいるのか」と合わせて伝えましょう。

ユーズドの住居のメリットは、いまや近隣とのコネが出来上がっていることです。新居の場合は、入居するまで相当分からなく、ある意味リスクがあります。

とうにあなたがいる有様である為、その点はきちんと伝わることが出来ると思います。近所に感じのいい人が多い場合や社交の良いほうがいる場合は、敢然と伝えておきましょう。

3.満足な生活がどれくらいできるのか

あなたがそれほど買い物をするフィールドや公園の場所、市区町村の役場、駅舎、コンビニエンスストアなどをバイヤー様に教えてあげましょう。そうすることで、バイヤーも購入して実際に住んだときの思い込みを膨らませることができます。

ぐっすり買い物に行く百貨店もぐっすりフィーリングを伝えるとどんどん思い込みを膨らませることができます。例えば「歩いて5分ぐらいで百貨店がある」ではなく「早朝の7内~夜の11内まで営業している百貨店で、野菜が斬新でかなり重宝している」など、伝え方も再び具体的にください。

4.通うことになる小学校や中学校は?

ユーズドの戸建てや建物を購入する第三者は、児童が産まれて大きい住居に住み替えるなどの物証の第三者が多くいる。

流石、気になるのが「通うことになる小学校や中学校」です。有様は具体的に荒れた勉強ではないか、進学パーセントはどうなのかです。断然荒れた小学生、中学生で無ければ、敢然と伝えておきましょう。

5.分譲マンションの管理はどうしているのか(※戸建ては除く)

建物のルール仕組は、住んでいる人の音がほんとに重宝されます。例えば「オーナーがその建物の住人なのか」「定期的にオーナーが巡回してくれるのか」など、ルール仕組がどうなのかを具体的に伝えてあげましょう。

住人の全体的なルールが厳しく、ルール仕組が行き届いている建物であれば、ゴミ捨て舞台がきっちり要約されていたり、自転車を駐輪場以外に止める第三者がいなかったりとルール次元が高くなります。

ルール仕組がしっかりされている建物であれば、敢然と伝えておきましょう。

上記が不動産売却たまに伝える5つのポイントです。当たり前だと思っていてほぼ伝えない人が多いのも事実ですので、敢然と確認して伝えるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?不動産売却におけるあなたの不動産のメリットの伝え方をコメントしましたが、理解できましたか?伝えられそうでしょうか?

いると当たり前だと思っていることも、バイヤーにとっては貴重な通報です。敢然と伝わる調節を通しておきましょう。